九都県市合同防災訓練

画像


昨日は防災の日でしたが、
相模原市にある在日米陸軍相模総合補給廠において『第35回九都県市合同防災訓練』が行われ、出席してきました。
九都県市とは、首都圏である東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県と政令市の横浜市、川崎市、さいたま市、千葉市、相模原市の9自治体のことであり、国の政策決定に大きな影響力を持っています。
また、この地域だけで日本の総人口の1/4を占めており、首都圏直下型地震などを想定した訓練は重要です。

昨日は、広大な会場を救助救出・消火訓練エリア、航空機訓練エリア、ライフライン訓練エリア、市民訓練エリアに分けて、様々な訓練が行われました。

多くのことを学び、体験するのは大切ですが、実際に災害が起きたときに、まず何をするかが大切です。頭を低くして身を守り、動かない。揺れがおさまる前に、まず、身を守ることですね。

広島の集中豪雨災害もありましたが、相模原市も平成20年に、集中豪雨により境川が一部氾濫するということがありました。今や、どこでどういった災害が起きるか、全て想定するのは不可能な時代です。

私は災害に強いまちづくりのために、これからもしっかり議論をし、スピード感を持って取り組んで行きます。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック