【森しげゆきの政策】実績と今後・その6 スポーツ振興

相模原市には『みんな元気、スポーツのまち相模原』というキャッチフレーズがあります。
みんな健康でいるために、いつでもスポーツのできる環境を整えておくことは重要です。また、子どもたちの健全育成のためのスポーツ、トップアスリートを間近に見ることにより、夢と感動を与える観るスポーツ。スポーツにはいろんな意義があります。

...私自身が未だにラグビーやサッカーをしているから、だけでなくスポーツにはシティセールスに寄与する要素もあります。
私は高校生まで秋田で育ちましたが、『相模原』という土地を知りませんでした。
しかし、高校野球の東海大相模高校や、ラグビーの相模台工業は知っていました。
それだけ、スポーツは全国に都市の名を響かせることもできるのです。

議員になって最初の一般質問から、スポーツ環境の充実に取り組み、相模原麻溝公園競技場(ギオンスタジアム)の陸上だけでなく、多目的利用に向けた電光掲示板の設置、第2競技場の整備を求めてきました。まだ、道半ばでありますが、照明や中継ブース、観客席の増加を求めています。
また、横山公園陸上競技場は、300メートルトラックで中途半端であり、多目的利用を要望し、ようやく7年かかりましたが、工事に着手しています。
さらに、米軍基地返還地の一部についても、スポーツ施設を要求し、ようやく具体的に動きだしました。

また、相模原には男子サッカーのSC相模原(J3)、女子サッカーのノジマステラ神奈川相模原(なでしこ2部)、アメリカンフットボールのノジマ相模原ライズ(Xリーグ)、ラグビーの三菱重工相模原ダイナボアーズ(トップイースト)という、全面的にも珍しいトップアスリートのホームタウンチームが4チームもあります。
全てチーム名に『相模原』の名前を入れて、発信しているだけでなく、選手は相模原のあらゆる行事に参加するだけでなく、自殺防止啓発、市内清掃活動、学校での授業支援など、社会的にも大きく寄与しています。

私は議員全員が加盟する『相模原スポーツを応援する議員連盟』の事務局長として、引き続き先頭に立ってスポーツ環境の充実を求めていきます。

画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック