【森しげゆきの政策】実績と今後・9 シティセールスについて

相模原市は他の政令指定都市と違い、お城などの歴史的史跡が少なく、海もなく、これといった名物もありません。

...従って、新たな取り組みを行う中で、市外の方に足を運んでもらったり、相模原自体を活性化する取り組みについて、8年間取り組んできました。

まずは、私が市の活性化のためのイベントとして提案したのは、さかみはラーメングランプリです。比較的ラーメン屋さんが多く、新たな相模原ラーメンを生み出すために、提案したものです。
また、同時期に相模原スイーツフェスティバルについても提案し、実行されています。
スイーツフェスティバルについて、3月議会でも議論しましたが、相模原出身のスイーツレスラー真壁刀義さんを審査員にすること、大会規模の拡大を図ること、入賞したスイーツの販路拡大を図ることなど要望しました。

また、相模原の農産物では、やまといも、卵などがありすが、新たな農産物についても営農センターなどと協力し、生み出すよう求めています。

今、拘っているのが、相模原銘菓づくりです。お菓子組合と協力し、インパクトのある銘菓を開発し、わざわざ相模原までお菓子を買いにくるようなメディア戦略にすべきと、提案してあります。

その他、相模原には『はやぶさ』を生んだJAXAがあります。はやぶさ・宇宙をテーマにしたテーマパークの誘致を求めています。リニア中央新幹線の駅設置が決まり、工事が着工したわけですから、相模原を素通りの駅にしないためのさまざまな取り組みは重要だと考えます。

まだまだ、フィルムコミッション、道の駅、相模原B級グルメなど、多くの取り組みをしていますので、ご注目ください。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック