相模原市議会9月定例会議が始まります

画像


相模原市議会9月定例会議を前に、昨日、議案の勉強会が行われました。

今定例会議は、8月25日~9月30日までの予定で開催されますが、平成26年度相模原市一般会計決算や、受益と負担の見直しに関する指針に基づく施設利用料の見直しなど、多くの議案が審議されることになっています。
昨年度の決算はさらに扶助費(生活保護や、子育てなど福祉に関する費用)が増えて全体の4割を裕に超えている状況で、投資的経費が極端に少なく、財政の硬直化が進んでいます。

私は会派の政策責任者として、13人の意見を取りまとめ、最終日の採決までに賛否の方向付けをしなければなりませんので、決算を含めた議案の内容をしっかりと勉強してまいります。


また、昨日は相模原市消防局に、災害時の情報収集を主な目的とする『オートバイ隊』の発足式が行われました。
相模原市では、今年度予算でオフロードタイプのオートバイを四台購入し、配備するとともに、消防局員を配置しました。
これにより、大規模な災害が発生した場合に、機動力を生かして、いち早く現地調査を行い、必要な活動に繋げていくものです。
災害は、ないに越したことはないのですが、こうした備えも必要だと考えます。
今後とも、災害に強い街づくりに向けて、努力してまいります。

画像

"相模原市議会9月定例会議が始まります" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント