相模原市議会6月定例会議 一般質問報告


相模原市議会一般質問報告
       ~発達障がいを持つ方への支援などを提言~

                   相模原市議会議員 森しげゆき

 去る6月27日に開催された相模原市議会6月定例議会の中で、一般質問を行いましたのでその一部
についてご報告いたします。

熊本地震からの教訓

私は、5月7日から11日まで、熊本地震における避難所運営支援や瓦礫撤去等のボランティアを行って
きましたが、相模原市の職員も応急危険度判定業務や、保健師など延べ200名を超える支援を行って
います。現地での貴重な経験を活かし、相模原市の防災対応力を向上させるため、他の職員へ広く
展開を図るべきである。と提言し、庁内で報告会・意見交換会を実行することとなりました。その他、
◆市内中山間部の震災想定と、隣接する自治体との相互応援協定について
◆大型スーパー等の建築物における天井、照明器具などの点検について
◆一般ボランティアの受援体制づくり等について市長の見解を質し、大規模地震を想定した取り組み
について確認をしました。


障がい者支援について

目に見えない障がいである発達障がいを持つ方への理解を深めるために、本人の特徴などを記載し、
周囲の人にわかりやすく説明するための「サポートカード」を導入し、周囲の方へ理解を深めることに
より、自立や共生社会に繋がると提言しました。市長からは、障がいのある方や家族の意見を伺い
ながら前向きに検討するとの答弁でした。その他、
◆「神奈川県障害者スポーツ大会」「ゆうあいピック」の支援強化について
◆東京パラリンピックの支援についても質疑を行いました。

画像


図書館について

市立図書館を中央図書館として機能強化を図るとともに、市内図書館においてICタグを付けて自動
貸し出し・返却ができる新たなシステムを導入することを提言しました。また、障がい者、高齢者、
子育て中のお母さんなど、なかなか図書館に行けない方のために、音声図書や動く絵本などの
機能を持つ「電子書籍貸し出しサービス」の導入について提案し、次のシステム更新に併せて
検討するとのことでした。その他、
◆地域図書館、公民館図書室、学校図書室との連携強化について
◆上溝図書館整備の進捗状況についても質疑を行いました。


進路指導と受験について

進路指導の事務的ミスや受験の結果をめぐって、全国で生徒が自らの命を絶つという悲しい事案が
起きています。適切な進路指導のあり方や、進路指導を行う担任への研修等について議論し、
進路指導主任の指導と、生徒に寄り添った適切な指導を行うことを確認しました。また「受験」が
全てではなく、自己肯定感を高め、どう生きていくかという心の醸成について見解を求めました。
教育長からは、自己実現を図る力、児童・生徒の心の醸成に対する指導についても、しっかり
取り組んでいくとの見解をいただき、私の認識と合致していることが確認されました。

質疑の詳細は相模原市議会ホームページをご覧ください(映像付きもあります)

"相模原市議会6月定例会議 一般質問報告" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント