テーマ:高齢者福祉政策

【森しげゆきの政策】実績と今後・その5 高齢者福祉政策part2

私は高齢者福祉政策の中でも『認知症対策』について、拘りを持って取り組んできました。 認知症と思われる方の行方不明事案が多くなり、認知症は地域社会で見守るべきであると、私自身、二年前に認知症サポーターの研修を受け、オレンジリングをいただきました。 ...十年後には65歳以上の5人に1人、約700万人が認知症になるという推計が出され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【森しげゆきの政策】実績と今後・その1 高齢者福祉政策より

少子超高齢化が社会問題になっています。 私がまず取り組んだのは介護予防。高齢化が進むことは防げないので、どうしたら介護にならない元気な高齢者になってもらうことができるか?です。... 食事の管理だったり、介護予防体操だったり、趣味を楽しむ地域コミュニティーだったり、高齢者支援センターを中心に、スポーツクラブや老人会などの協力をいただ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新オレンジプランに想う

政府から、認知症対策として「新オレンジプラン」が示された。 私も昨年度は、相模原市議会で認知症対策に拘りをもって取り組んできた。 認知症の方を地域で見守る取り組みとして、認知症サポーターを増やさなければならないと訴えて きたが、この度の政府の目標は、サポーターの数を600万人から800万人に上方修正された。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者福祉政策

高齢者福祉政策のさらなる充実を目指して、市内の特別養護老人ホームを訪ね、介護現場を視察し、利用者さんと意見交換しました。 私は6月議会で、認知症の早期発見・早期治療に関すること、1人暮らし高齢者のインフォーマルサービスに関すること、認知症サポーターに関すること、運転免許証の返納制度に関すること、高齢者の意見徴収に関することなど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more